高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆

ホームヘルパーについて

「ホームヘルパー」とは実は通称であり、正確には「訪問介護員」と言います。
ホームヘルパーは都道府県知事の指定する「訪問介護員養成研修」の家庭を修了した人を指し、国家資格ではありません。
しかし、ホームヘルパーも介護系医療の資格として需要が高く、2級以上のホームヘルパーの需要は以前高い状態にあります。
それでは実際の仕事内容について見てみましょう。
ホームヘルパーは要介護者の家庭を訪ね、身体の介護や家事サービスを行います。
主な仕事内容は、身体の介護に関する事、家事に関する事、相談・助言に関する事の3つに分けられます。
身体の介護は食事、排せつ、衣類着脱、入浴、身体の清拭・洗髪、通院などの介護を指します。
家事に関することは、調理、衣類の選択・補修、住居などの掃除・整理整頓、生活必需品の買い物、関係機関との連絡、その他の家事を指します。
ホームヘルパーの需要が高いのは介護をする夫婦が共働きの場合や、核家族が増えている為、介護をする人がいない場合、高齢者夫婦、高齢者の一人暮らしというケースが多い事が考えられます。
家族で介護をするのが理想的かもしれませんが、専門知識がなく介護する側が過労になったり、精神的に疲れてしまうというケースになりがちです。
また、介護者寝たきりだったり、認知症の場合、とても1人や2人の手には負えません。
こうした社会的背景からやはりプロの手による介護や介助が求められるのです。
施設の数が足りない事や、施設に入る金額が高い事などから、ホームヘルパーに頼る家庭も少なくありません。
これからますます需要が高くなる資格の一つと言っても過言ではないでしょう。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆.All rights reserved.