高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆

介護福祉士ってとは

続いては介護の仕事に欠かせない「介護福祉士」についてみてみましょう。
介護福祉士はこれまでの資格と異なり、社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格です。
別名ケアワーカーと呼ばれることもあります。
国家資格と言うと何だか難しそうで重たい感覚を受けますが、超高齢社会の今の日本には欠かせないとても重要な資格でもあります。
介護福祉士も同じく介護系医療の資格です。
では、実際どのような仕事をするのかを見てみましょう。
介護福祉士とは、日常生活が困難な人に対して入浴や食事などの介護を行ったり、その人やその家族の介護者に介護に関する相談や仕事を行う、いわば介護の専門職です。
主な活動場所としては、特別養護老人ホーム、デイケアセンターや障害福祉サービス事業所、その他の社会福祉施設です。
また、在宅で生活している要介護者の自宅に通って援助する訪問介護員(別名ホームヘルパー)にも介護福祉士の資格は必要です。
難しい試験をクリアして実際に仕事に就いてもその業務内容が過酷なことから離職率が高いとも言われています。
人を介護するという事は、体力はもちろん、精神的にも忍耐がないと出来ない仕事です。
介護職の人手が足りず、求人が多いから仕事に就きやすいという理由だけでは続けて行く事ができない仕事です。
これは介護福祉士に限っての話ではなく介護系全般に言える事ですが、この先介護の仕事を目指す人はそのことも踏まえて頑張ってほしいものです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆.All rights reserved.