高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆

介護事務管理士ってとは

「介護事務管理士」という仕事は医療事務管理士と同じようなもので、医療事務は病院についての事であり、介護事務は介護についての事です。
実際の仕事内容はさほど変わりはありません。
日本では2000年4月に介護保険制度がスタートし、介護サービスを提供する事務所や施設では介護報酬を請求するという新しい事務が発生しました。
介護事務の仕事は介護保険制度の仕組みを理解し、正確に介護報酬を算定し、請求できる事務スタッフとして介護サービス提供機関にとっては経営のサポート役ともなる欠かせない存在です。
介護事務管理士の資格は、医療の資格のひとつでもあり、介護報酬の算定に関する知識とスキルの証になります。
介護サービス利用者の受付・サービス内容の説明・手続きの説明、事業者やスタッフ間の連絡調整や書類の取りまとめを担当します。
ただ、実際には介護事務としての求人は少ない状況にあります。
求められているのは、ヘルパーの仕事を兼ねて事務の仕事もできるという人材が多いようです。
実際のところ介護事務は資格がなくても出来る仕事なのです。
介護全般については資格より経験を重要視しているところが多いようです。
しかしながら専門の知識があるというのは良い事です。
もし、今既に医療関係で働いているのであれば、今後介護事務管理士の資格を目指してみるのも良いかもしれません。
これから更に介護の必要性は高まり、医療関係だけでなく、介護関係まで持っている知識の幅が広がり、ますます活躍の場が広がる事でしょう。

取得しよう☆医療の資格関連サイト

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆.All rights reserved.