高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆

調剤事務管理士に関して

医療の資格の中で「薬剤師」という言葉はよく耳にしますが、「調剤事務管理士」という仕事を知っている人は少ないのではないでしょうか。
保険医療機関が処方箋を発行し、薬の調剤は保険調剤薬局が行うという医療分業が進んでいます。
保険調剤薬局では、薬剤師が調剤に専念するため、処方箋の受付や会計を担当する事務スタッフがいます。
調剤報酬の仕組みを理解し、正確に調剤報酬を算出し、請求できる事務スタッフは薬局運営のサポート役として欠かせない存在であり、それが「調剤事務管理士」でもあります。
この資格を持っていると調剤報酬の算定に関する知識とスキルがあるという証にもなります。
実際の仕事では処方箋の受付や会計を担当するため、接遇のスキルも求められるでしょう。
薬局に入ってきて一番はじめに顔を合わせ、最後に会計をする時に顔を合わせる、いわば薬局の顔のようなものです。
調剤報酬の仕組みを理解し、処方された薬が正しいかを確認し、迅速な対応で接遇をこなしていかなければならないので、スムーズにいくつもの業務をこなせる人が好まれるでしょう。
実際に「調剤事務管理士」と聞くとどういった仕事をしている人なのかパッとしませんが、薬局に行くと必ず顔を合わせている人のことなのですね。
一見、処方箋を受け付けている人だけのように見えて実は様々な知識を持っているすごい人なのだという事がわかったと思います。
人と接することが好きな人であれば、薬剤師より調剤事務管理士の方が向いているでしょう。
逆に、黙々と仕事をすることが好きな人は薬剤師の方が向いていると言えます。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆.All rights reserved.