高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆

医療事務管理士って

医療事務管理士とは「医療事務管理士技能認定試験」に合格すると取得できる医療事務の資格です。
この資格を持っていれば医療事務の知識や技能がある事をアピールできるので、就職や転職にとても有利な医療の資格だとも言われています。
この資格は医科の医療事務の資格と歯科の医療事務の資格とに分かれています。
この資格が人気な理由の中には受験資格がないことに加えて、医科と歯科の選択が出来るところにもあります。
医療事務の資格は数多くありますが、歯科を選択できるものはわずかです。
歯科医療事務を目指す人にとっては貴重な認定試験でもあるのです。
実際の仕事内容はどうでしょう。
基本的な仕事内容は、一般の医療事務とほとんど変わりません。
保険点数の計算を含む会計やレセプト作成、点検作業、診療報酬請求業務といった医療事務のメインともいえる業務を行います。
医療事務管理士はそういった通常業務に加え、診療情報管理室でカルテを始めとする診療記録の保管や管理を行ったり、入院患者について疾病分類や統計を作成したり、患者に対しては診療情報を提供したりする重要な仕事もあります。
患者に対しての接客業務が医療事務管理士ならではの仕事とも言え、いわば医療機関の顔ということにもなるのです。
その為、事務処理能力の的確さや迅速さが求められると同時に人と接する能力も必要不可欠になってきます。
この資格を所有しているという事は医療保険制度や診療報酬の仕組みを十分に理解しており、正確に診療報酬を算定できるスキルを持っていることの証にもなるのです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆.All rights reserved.