高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆

一番人気は医療事務

医療の資格の中で今、一番人気が高い仕事が「医療事務」です。
実際、求人も多く正社員でなくてもパートで働ける事から子供を持つ母親がパートとして働くことも可能です。
動き回る仕事ではないので、さほど体力も必要ない上に自分や家族が医療系にかかった時に役立つ知識も身に付くことからここ数年でとても人気が出ています。
実際、資格はどのようにして取得するのでしょうか。
それは専門のスクールに通って学ぶか、もしくは通信教育で取得することが可能です。
それでは実際の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。
医療事務と聞くと事務の仕事のイメージですが、患者を相手にすることもあり、一種のサービス業でもあります。
患者に対しては接遇になりますし、レセプト(診療情報明細書)作成などでは事務の仕事になります。
サービス業の経験がない人には接遇は慣れるまで大変かもしれません。
人と話すことが好き、というだけでは接遇はこなせません。
中にはもちろん厄介な人もいます。
何度説明しても納得してくれない人や、いきなり怒鳴られることもあるかもしれません。
接遇は経験を重ねて身に着けていけば良いので、困った時は先輩に助けを求めましょう。
また、患者のみだけでなく医師からの要求に応えながら、雑務をこなし、メインのレセプト作成業務もこなしていかなければなりません。
一見、楽そうに見える仕事かもしれませんが、実は容量よくこなさないとハードな仕事なのです。
慣れないうちは非常に難しい業務になるのはもちろんですが、ある程度経験を積んだ人でも業務をこなすには集中して取り掛からないといけないという大変な仕事でもあるのです。
楽そうだという安易な考えで仕事に就くのは、止めた方が良いでしょう。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆.All rights reserved.