高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆

高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆

近年の日本では少子化が進むと同時に高齢化が急速に進んでいます。
そもそも「高齢化」とは何かをあなたはご存知ですか。
高齢化とは65歳以上の人がその国の全人口の7%を超えた場合を言います。
日本では1970年に既に「高齢化社会」と呼ばれています。
そしてその24年後の1994年には「高齢社会」と呼ばれ、65歳以上の高齢者が14%以上を占めました。
そしてついに2007年には高齢者が21%を超え、「超高齢社会」になりました。
高齢者が増えるにつれ、医療機関にかかる人は増えていき、福祉サービスも必要性が高くなってきます。
高齢者の特徴として、慢性の病気を複数有する人が多いことから、医療機関にかかることが増え、医療関係も今では人材が不足しているという事態が発生しています。
また、共働きの家庭が増えており、高齢者と同居していても面倒を見切れなかったり、専門的な知識がなければ介護が難しかったりする場合には施設に入居させることも増えています。
高齢者が増えている為、福祉系の人材が不足している上に、福祉施設自体が不足しているという厳しい現状もあります。
また福祉サービスには施設に入居するだけでなく、家にいながらにしてサービスを受けられる訪問介護や、日中だけ施設に通い家に一人にさせないためのデイサービスなど、種類も多くあります。
働ける人の事を「生産年齢人口」と呼びますが、高齢者を支える15歳から64歳の生産年齢人口の数が少子化の為、減っている一方で、日本では世界でも指折りの平均寿命が長い国でもあり、高齢者が増え続けている為に起こってしまう現象です。
少しでもそういう状況を助けたいという方や医療・福祉関係の仕事に興味がある人、資格を生かして就職や転職をお考えの方に読んでいただけるように、医療の資格や福祉の資格について、また人気の資格やその資格の役割について簡単にご紹介していきたいと思います。
少しでも皆様のお役にたちますように。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017高齢化の今、医療や福祉の資格を取ろう☆.All rights reserved.